超絶技巧が光る世界最高の左SB マルセロの特徴や能力

アフロヘアーがトレードマークの陽気なブラジル人ラテラル・マルセロ。変幻自在の攻撃的プレーが魅力で、世界最高の左サイドバックの名を恣にする。本稿ではマルセロのプロフィールや略歴、プレースタイルをチェックしていく。

プロフィール

本名 マルセロ(Marcelo)
国籍 ブラジル、スペイン
生年月日 1988年5月12日
身長 174cm
体重 75kg
ポジション DF
利き足
プロデビュー 17歳

略歴

クラブでの活躍

2005年にフルミネンセFCにてデビュー。2シーズンで30試合に出場し、欧州各クラブから獲得オファーを受ける。世界屈指の目利きとして知られるセビージャの敏腕SDモンチが獲得間近まで迫ったが、急転直下でレアル・マドリード入りが決まる。

移籍当初は左サイドハーフとしてプレー。若かっただけに評価は決して高くはなかった。が、モウリーニョが監督に就任してからは徐々に守備の水準も高くなり、左サイドバックとして評価を高める。その後は左サイドバックのレギュラーに完全定着し、同ポジションで世界最高レベルまで成長する。ピッチ上で異彩を放ち続ける陽気なブラジル人は、既にロベルト・カルロスの後継者の地位を確立しており、「もはや超えた」との評も。

代表での活躍

2006年の親善試合対ウェールズ戦で代表デビュー。2008年北京オリンピック(五輪)で銅メダルを獲得。2012年ロンドン五輪にオーバーエイジ枠として出場し準優勝。2014ブラジル・ワールドカップの代表に選出され、母国での優勝に期待が高まるも4位で終えた。

プレースタイル、特徴、強み

サイドバックとして必要な攻撃力

攻撃力だけで見れば、世界ナンバーワンの左サイドバックであることは疑いようがない。1対1の突破力、クイックネス、クロス精度を備えており、一瞬のフェイントで相手DFのタイミングを外し、正確なクロスを供給することができる。レアル・マドリードにおいては、クロスの合わせ役も多士済々なため、アシスト数は多い。

変幻自在の攻撃パターン

サイドバックとしての基本的プレーだけにとどまらず、様々な攻撃パターンを持っている。超絶的なボール扱いの技術を備えており、ビルドアップに効果的に関わりながらポジションを上げ、崩しの局面に大きく関われる。より自由にポジションを解釈している選手と言える。

実質的にウイングとしてプレーできるだけでなく、インサイドに侵入しサイドハーフ然としたプレーもできる。優れたコーディネーション能力を持ち、ボールスキルも卓越しているため、サイドハーフ的プレーも一級品だ。

ロングパス

左サイド深い位置からのロングボール供給もプレーパターンのひとつ。ストレート系のキック、タッチライン際から巻いてくるキック、バックスピンをかけたキックなど、種類も豊富。長距離でも裏抜けのパスを通せる、相手からすれば厄介なプレーヤーだ。

弱点(課題)

守備

守備力はまずまず。危機意識に欠ける傾向にあり、ネガティブ・トランジション時の帰陣の遅さが目につく。

フィニッシュ精度

世界最高水準の「うまさ」の割に、フィニッシュ精度は低い。セットプレーのこぼれ球を果敢に狙うが、ゴール数はそう多くはない。

おまけ

明るい性格

陽気な性格で、ロッカールームを盛り上げる。息子のエンツォくんも同じ髪型で、チームのマスコット的存在となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)