一級品の万能型アタッカー!グリーズマンの特徴や能力

アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表の至宝、アントワーヌ・グリーズマン。高い安定感を誇るボールテクニックとスピード、抜群の得点力を併せ持つ万能型フォワードで、世界的に高く評価されているアタッカーのひとり。本稿ではグリーズマンのプロフィールや略歴、プレースタイルをチェックしていく。

プロフィール

本名 アントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)
国籍 フランス
生年月日 1991年3月21日
身長 175cm
体重 72kg
ポジション FW
利き足
プロデビュー 18歳

略歴

クラブでの活躍

育成年代の頃は身体が小さかったため地元フランスでは高く評価されなかったが、レアル・ソシエダのスカウトに才能を見出され下部組織に入団。2009-10シーズンよりトップチームに帯同し、2009年9月6日にデビュー。その後レギュラーの座を確保した。

2014年夏、アトレティコ・マドリードへ移籍。シメオネ監督の元でフォワードとしてプレーし、ジエゴ・コスタの後釜として遜色ない抜群の成績を残した。2年目以降も順調に好成績を残し、世界的ビッグネームへとのし上がる。

代表での活躍

フランス代表として各年代の代表でプレー。2014年3月5日にオランダとの親善試合でA代表デビュー。2014ブラジルワールドカップ(W杯)に選出され、得点こそなかったがチームに貢献した。以降フランス代表の主力の地位を確立する。

地元開催となった2016年UEFA欧州選手権(EURO)では、大会通じて6得点を記録する(大会通算100得点目も決める)などインパクトを放ち、ゴールデンブーツ(得点王)と最優秀選手賞を受賞した。

プレースタイル、特徴、強み

得点力

正確無比なシュートが強みで、抜群の得点力を誇る。特にアトレティコ・マドリードでは、チームとして守備の時間が長いため山ほどの決定機があるわけではないが、守備への献身をこなしつつ少ないチャンスを確実に仕留める胆力の強さがある。シュートのバリエーションも豊富で、どんな角度、どんなコースからでも鋭く枠を狙える。

キープ力

状況判断が素晴らしく、キープ力がある。確実にボールを収め、攻め上がりを促す時間を創出できる。

スルーパス、キーパス

基礎技術が高いため、パスの能力も高い。アトレティコ・マドリードでもフランス代表でも、多くの決定機に直接的に絡むことができる。

戦術適応力

中央でもサイドでもプレーでき、守備への献身も対応可能(カウンターで攻め残る場合もある)。アトレティコの柔軟かつハードな戦術に対応できている以上、戦術適応力は高いとみていい。

弱点(課題)

空中戦

センターフォワードとしてもプレーするが、空中戦には弱い。機動力で勝負するタイプだ。ただしヘディングそのものは下手ではなく上手い。

おまけ

ヘアスタイル

プレーぶりだけでなく、端正なルックスでも人気を集める。近年は落ち着いてきたが、以前は金髪の個性的なヘアスタイルが若者のアイコンとなっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)