ザック期から振り返るハリルホジッチ解任劇!最高の革命者。監督としては評価する直前に別れ…

ロシアワールドカップへの出場が2ヶ月後に迫った4月9日。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、ハリルホジッチ日本代表監督を解任し、技術委員長だった西野朗を新監督とすることを発表した。まさに急転直下の解任劇。日本サッカー界に大きな衝撃を与えた。

筆者の所感として、ハリルの解任はショックでJFAへの憤りも感じた。だがそうした思いは一旦忘れ、本稿ではザッケローニ監督時代から時系列的に日本代表の歩みをゆっくりなぞっていくことで今回の解任撃を評価していく。

目次

ザックジャパンの歩み

ミドルゾーンでの強度で勝負する姿勢

ザッケローニ監督時代の日本代表の主要コンセプトは、「ミドルゾーンにおいての強度(インテンシティ)と連動性」であったと筆者は評価している。

南アフリカワールドカップでは、岡田監督が直前の180度戦術変更で結果を手にしたが、そのサッカーの内容は「自陣ゾーンでの人海戦術」が主だった。グループステージ突破の再現性は低いし、ベスト8以上を強く期待できない内容だ。そこからの成長を目標とし招聘したザッケローニ監督は、選手がプレーするゾーンをより高くした。志向するサッカーはアグレッシブで攻撃的にも見えたが、「バランス」とも言い続けた。

就任後の歩みはそれなりに順調だった。概括的には岡田ジャパン前期とコンセプトは似ていたものの、より戦術的に整備されていた。戦術大国イタリアで実績がある監督らしく手ほどきがうまかった。アジア相手にホームの試合ではハーフコートゲームで完勝するなど、組織力は良質だった。

コンフェデレーションズカップで現実を知る

試金石となったのはコンフェデレーションズカップ。結果は3戦全敗。「良いサッカーができない」「良いサッカーをしても勝てない」という両面の課題が生々しく浮き彫りになった。

しかし対戦相手国はいずれも強豪。本大会であれば「死の組」と呼べるレベルで、実際のグループステージはもう少し力が落ちる。この段階では「攻守のバランスはアジア最高レベルでも、世界レベルではない」と解釈できた。ここからの上積みが重要だった。

不確実な「自分たちのサッカー」に固執

だがザッケローニ監督は、攻守ともにバランスを取りながら質を高めるという方向に導けなかった。徐々に攻撃偏重となり、強国相手にもハマれば強い一方で、得点も失点も多い大味なサッカーになりつつあった。

ワールドカップ本大会直前の親善試合でも、失点は減らなかった。どこか「自分たちのサッカー」に固執しているかのようだった。ワールドカップ本大会の結果は1分2敗。コンディション不良やザッケローニ本人の采配ミスも重なり、結果もインパクトも残せず大会を去ることとなった。「自分たちのサッカー」は不確実なものだったのだ。

ザッケローニ監督の評価

ザッケローニ監督はナショナルチームの指揮経験がなかった。それゆえ、チーム作りの進め方がどこかクラブ的だった。選手をあまり選びすぎず、主力を固定し依存するやり方は成熟を感じさせたが、肝心の本番で主力選手の本田・香川が揃って不調でチーム力は落ちた。親善試合にも全力を出しすぎた。左サイドの守備に弱点を抱えていることを露呈し、特にコートジボワール戦で敗因に直結した。

筆者はザッケローニ政権を「自分たちのサッカーは通用しない」と短絡的に結論づけるつもりはない。より丁寧に分析すべきだ。問題があったのはバランス。中盤での強度とボール保持への意識はある程度継続しつつ、「リスク管理の徹底を戦術的に理解すること」を今後の課題とみるべきだった。

今後の監督選考については、それら課題を解決できる能力を持ちつつ、日本人らしさに理解を示す指揮官が求められた。可能であれば、ナショナルチーム監督経験者であり、本番でテンパらない監督が望ましかった。

アギーレジャパンの歩み

実績十分の現実主義者とあっさりお別れ

招聘されたのはアギーレ監督。これまでのキャリアをみたうえでは、期待値はまずまずといったところか。

世界でも特に難しいスペイン「ラ・リーガ」の舞台で、実利主義で手堅く結果を残した経験は筆致に値する。メキシコ代表監督時代も、スペクタクルより効率を重視するチームを作った。ハビエル・エルナンデス(チチャリート)を先発から外すなど、選手起用も頑固で自らの信念を持つタイプだ。

主要コンセプトは、おそらくミドルゾーンにおいての強度を重視するだろうと予想した。その点はザッケローニ監督と変わらずだ。だが守備にもう少し重きを置くはずだった。(あるいはだいぶ極端に守備的だった可能性もある。)

ところがアギーレはあっさりと日本を去ることとなる。自分の色を出しきる前に(ザッケローニの遺産も使いつつ)迎えたアジアカップでは、UAE相手にPK戦で敗れベスト8。チームは山ほどの決定機を手にしたが、選手がことごとく決め損ない涙をのんだ。その後自身の八百長騒動の煽りを受けて袂を分かった。

ハリルジャパンの歩み

ハリルホジッチとの出会い

代表監督のリクルートは、ワールドカップ終了時の前後に行われるのが通常。アギーレ監督解任は2015年の2月という非常に中途半端な時期に行われたため、後任探しは難航を極めると思われた。だがこの難しい時期に、たまたま優秀な指揮官が空いていた。ハリルホジッチである。

このボスニア人指揮官は、ブラジルワールドカップではアルジェリア代表を率いてチームをベスト16に導いた。なかでも決勝トーナメントラウンド16のドイツ戦は、観るものの心を打つ戦いぶりで大会における名勝負のひとつに数えられている。ブラジルワールドカップで評価を高めた監督のひとりだ。

招聘した責任者は、当時の霜田正浩技術委員長。霜田はハリルホジッチと契約前にもかかわらず長時間話し込んで、その「本物」の熱意にシンパシーを感じたという。

筆者のその時の印象としては、アギーレ同様にまずまず好印象。ポジティブな面はやはりアルジェリア代表での実績。もし日本代表が「ドイツ戦のアルジェリア代表」のような試合ができれば、それは日本サッカー界にとってこの上なく誇らしいものになる。そんな試合を見てみたかった。

ただし不安もあった。ハリルホジッチのサッカーがアフリカには合うにしても、日本人には合わないのではという点。またなぜか解任歴が多く、アルジェリアでも本大会直前の成績もまずまず良かったにも関わらず解任論が賛否を集めたという。そもそもこの時期に余ってること自体に違和感があった。リスクはなくはなかったのだ。

最高の革命者

ハリルホジッチは、「縦に速いサッカー」と「デュエル」をコンセプトに掲げた。世界と戦ううえで悪くないコンセプトだ。そしてそれを強い言葉で熱を持って語る人だった。

「日本らしいサッカー」というと「技術を活かす」「ボール保持」「パスで崩す」「局面で数的優位」という考えが一般的。だがそれが「個の戦い」で勝てないことを前提とした「日本の弱点に目を背けた考え方」だとしたら…。それは「甘い」ということをハリルホジッチは強調した。個でも負けては駄目なのだと。

また、ワールドカップやアジアカップの敗退を振り返ると、ポゼッションで上回ってパスを多く回せても「チャンスを決め損ねて得点を多く奪えない」「カウンターで失点している」という事実がある。動かしがたい事実だ。しかも実は、ワールドカップ本大会など極めて重要な試合では、綺麗に崩しきっての得点は意外と少ない。カウンター、ミス、セットプレー、クロスボールなどが得点によく関わる。そうした意味でハリルホジッチのコンセプトは、一般的に言う日本人らしくはなくとも、理にはかなっている。

革命者ハリルは、選手にデュエルの精神を植え付けようとした。選手の体脂肪率も徹底管理し、走り抜ける身体を作らせた。Jリーグに対しても「甘い」と言い続けた。

普通の監督はもう少しオブラートに包む。無難に振る舞う。ところがハリルホジッチは、歯に衣着せぬタイプだった。革命者としてはこれ以上ない最高の人材だった。

W杯最終予選までのハリルジャパンの歩み

ところが革命者としてではなく代表監督としてみると、手腕は必ずしもポジティブではなかった。戦術が浸透するまで時間がかかり、アジアの弱小国相手にも手こずるもどかしい試合も多かった。アジア最終予選は(誤審が絡むも)対UAE戦黒星スタート(1●2)。ホームのイラク戦(2○1)で山口が勝ち越し弾を決めてなかったら、その時点で早々に解任されていたかもしれない程だ。

だがその後、ハリルホジッチの戦術に選手たちは徐々に適応してくる。好ゲームもいくつかあった。

「いいチーム」の定義付けを「選手が勇気を持って迷いなく戦いぬくチーム」としてみよう(議論があったボール保持率は置いておく)。その視点で見れば、満足できるのはホームの豪州戦(2○0)だ。アウェーのUAE戦(2○0)、ホームのサウジアラビア戦(2○1)もまずまず。アウェーの豪州戦(1△1)はまた別物ではあるが、こちらは結果を手にするための実利主義的試合と位置づければ悪くない。特にやはりホームの豪州戦については戦術的完勝で、少なくとも無能ではないことを証明するには十分だったように思う。

ただ筆者の考えでは、ホームの豪州戦は戦術的完勝とはいっても、それは相手が豪州だったからにすぎない。列強国相手には持たないと思った。あれだけ一本調子な豪州相手ですら前半に決定機を決められてたら敗戦の可能性もあったし、ロングボールを柔軟に織り交ぜられたら危なかった。中盤は人海戦術的に横幅を5人で埋め、タスク分け(井手口と山口はマンツーマンでボール奪取の役割)も上手かったが、相手CBが持ち上がりビルドアップに深く関与する現代的なチーム相手であればおそらく破綻していた。ただしハリルホジッチからすれば、これは相手が豪州ありきの戦術であり、相手が違うなら戦術変える可能性もあった。いや多分そうなのだろう。

この時点での評価:消極的支持

この時点での筆者のハリルホジッチへの評価は、「積極的支持とはいえない」「どちらかといえば消極的評価」「解任は無い」「希望もある」というものだった。

豪州戦2戦をみる限り無能でなく良い監督で、結果も出した。だが、
・日本の人的リソースを最大化できていない。
・このサッカーではベスト8以上を望めないのではという疑念。
・采配の妙=ハリルマジックで勝てたとしてもハリルが去った後に未来へ紡げるのかという疑念。
の3点において、筆者は積極的支持の姿勢ではなかった。

ただしこの時点でまだ、ワールドカップ本大会まで一年弱あった。今後戦術に幅をもたせたり、ベースの部分を肉付けしアップデートすることで、大いに希望が持てる可能性もあった。何より本番に強いタイプではあるので、見てみたかった。

テストをし続けたハリル。そして突然…

だが、その後の歩みの足取りは重かった。筆者が期待していいた「地力のアップデート」は感じられなかった。人に目安をつけて守るマンマークでのプレッシングを主軸としていたが、とにかくハマらなかった。縦に速いサッカーは依然として極端で、「蹴れ」「蹴れ」の指示は選手を混乱させた。

2017年11月ベルギー遠征で2敗、E-1選手権における韓国戦惨敗、2018年3月ベルギー遠征で1分1敗。成績は振るわず、内容も良くなかった。これらの状況を受けて4月に解任の運びとなった。

解任は妥当か?

さて、流れをおさらいしたうえで、解任劇そのものを評価しよう。

なぜテスト試合で負けが込んで解任なのか?イエローカードを提示しておけば…

2017年9月5日サウジアラビア戦を含めたそれ以降10試合、ハリルホジッチはテストを敢行していた。それはもうほぼ確定でいいと思う。

不自然な選手起用、柔軟性のない戦術(最終予選ではもう少し幅を持たせていた)、熱意のないベンチでの姿(豪州戦ではスローイン判定だけで激昂)などからも察しがついた。「本大会で戦うチームは、最後の3週間で作ることができる」とも語っていた。何より会見でそれを明言した。

ならばそれを協会・監督・選手で共有して我慢し、最後まで見届けても良かったのではないか。どうしても不満や不信があるのなら「負けたら解任」のイエローカードを突きつけるべきだった。なぜそれを事前に通達せず、一発レッドで解任なのか。そこが一番残念だ。

※「通達がなかった一発レッド解任」とあるが、通達したのにハリルホジッチが取り合わなかった可能性についてはここでは考えていない。

選手との関係が「破綻」していたのならばやむを得ないが…

解任の報を聞いた時は、筆者はこの解任が「正当である可能性」についても考えを巡らせていた。それは「選手と監督の関係が致命的なレベルで破綻していた場合」だ。不満分子を招集しない程度では解決できない巨大な不満のかたまりがチーム内に存在するのであれば、それは「解任せざるを得ない状況」ともいえる。だとすればまだ納得できた。

しかし会見聞く限りそれは無いのかもしれない。吉田、槙野、川島などのコメントから察するに、十分持ちこたえられたと思う。ただし本当のところは知る由もないが。

タイミングは最悪だが「もっと早くに」とは思わない

解任のタイミングが遅いとの声がある。が、筆者はそうは思わない。E-1選手権の韓国戦後というのは、事実上2.5軍での敗戦なので不適当だ。2017年11月のベルギー遠征は相手が強すぎるし、逆にその前の親善試合は本大会ではあれほどボールを握れる相手はいないので参考外。解任するにしては諸々エクスキューズが存在し決め手に欠ける。

解任すべきタイミングが存在するとしたら、それは案外、本大会出場を決めた豪州戦(の後のサウジアラビア戦)後だったのかもしれない。もっともその時には筆者はまだハリルホジッチに期待してたので、そこで解任であったら批判していた。ここまでその後の戦いぶりが不安定だとは読めなかった。

筆者は「信じて、信じて、信じて、どうしても駄目で、解任」だったのであれば、タイミングはこの際仕方ないと思っている。とはいうものの「ここまで来たら消極的続投」というのが最適解だったと思うが…。

JFAに長期的視野は存在するのか

もしもJFAに長期的視野たるものが存在するとして、JFAは「今回の解任がそれを自ら壊してしまうことになりかねない」という自覚があるのだろうか。無自覚であれば未来は暗い。

何らかの自覚があるならまだ救いはある。例えば、今回のハリルホジッチ政権の反省を踏まえて、既に何らかの指針がある(指針を調整している)のであれば。

・今後はテストを繰り返す戦略はやらない。
・親善試合でも選手の良さを引き出すサッカーを目指す(選手が成長しやがて海外移籍するなどの副次効果を期待)。
・攻撃時はボール保持の局面を増やす。

今挙げた例は大雑把すぎるが、こういう指針があるのなら、今後はそれを断固たる意思で貫けば良いと思う。

馬鹿馬鹿しい理由で解任だったのなら絶望しかない

「スポンサーが決めた」「協会の利権」などという可能性については書かない。そうであれば馬鹿馬鹿しすぎるので。

だがそのような可能性が疑われる事自体が不幸なことだ。それはひとえに、田嶋会長の解任発表会見での曖昧な説明に原因がある。曖昧さがあらぬ陰謀論を呼ぶのだ。それにしても酷い会見だった。もう少しはっきり言ってほしかった。

解任理由を想像:単なるパニック解任だったのでは?

結局のところ、解任の本当の理由は知る由もない。協会・監督・選手との間でのあれこれはブラックボックスのなかのことだ。そこでの判断材料をもって解任が決断された以上、解任理由は想像の域を出ない。

筆者の想像では、実は単なるパニック解任(早とちり解任)なのではと読んでいる。

・試合内容が酷い
・協会が心配になる
・選手に聞いたら手応えがなさそう
・ハリルの手腕に疑問
・もう今しかない
・解任!

実は真実はごくごく単純なのかもしれない。

ハリルホジッチの評価

最高の革命者

革命者として最高であるとおもう。日本サッカー界に厳しい目線で数々の提言をしてくれた。データ上ではJリーグでもデュエルの局面が増えており厳しくなっているようだ。彼は日本サッカーを変えた。その点感謝の気持ちは強くある。

ユニークな人物像

パーソナルな面も面白かった。文化や気質が日本人とはまったく違ったが(そこがすれ違いを招いたか?)、熱意は本物だった。ピッチを離れれば好々爺という一面もあった。理不尽な解任を受けても、忠誠心を持って日本を応援すると語った。最後までくまモンバッジをつけ続けた。ジョークが好きで会見はいつも長かった。

指揮官としての評価は、いまだ懐疑的

指揮官としては、筆者はいまだに懐疑的だ。無能ではない。策は練れるし、本番に強いタイプでもあることは間違いないだろう。だが、日本人の人的リソースを最大化することも、(親善試合では)選手の良さを引き出すことも二の次で、ひとえに本大会の結果を求め続けた。本番を重視した戦略を徹底し、テスト色はどこまでも強かった。だがその割に、自身の手腕に説得力を持たせる一番の試合が最終予選ホームの豪州戦では少々説得力に欠けるとみている。

それと「自分の首を守る」「チームに平穏をもたらす」という欧州リーグの監督たちが持つべき必修スキルを持っていなかった。その点においては本当に甘かった。解任論が騒がれたのは、ここ最近始まったことではないのだ。そしてこれまでも解任歴が多い。さもありなんという感想だ。解任を受けての会見では「協会が前もって誰も何も教えてくれなかった」と嘆いたが、世間・協会・選手の懐疑的な目線が厳しくなっている危機を肌感覚で察し修正するということに対して無到着過ぎた。今後欧州トップリーグの監督に就任するかもしれないが、長くは持たない気がする。

ただ一番言いたいことはやはり「本大会で見てみたかったね」ということに尽きる。もし快勝したら「ごめんねハリル」をしてみたかった。残念だ。

西野ジャパンはどう戦えばいいか

西野ジャパンの目指すところは、ロシアワールドカップでの好成績のみだ。短期間であるだけに、アプローチの方法は限られる。

カメレオン戦術ではなく、ある程度固定

ハリルホジッチがアルジェリア監督時代にチャレンジした「一戦ごとにシステムを変える変幻自在のカメレオン戦術」は、彼抜きでは使えないだろう。ある程度スタメン組を固めると予想する。

守備重視で

ハリルホジッチの守備重視の基本路線は継続すべき。それは外せない。マンツーマンの色が強すぎたので、ゾーンの概念も取り入れたほうがよい。

自分たちのサッカーではない「ボール保持」

それと、もう少しボール保持局面を増やしてもよいと筆者は考える。何もスペクタクルなパスサッカーを目指せという意味ではない。この短期間では無理だ。ただ、ゲームを落ち着けコントロールしチームに一呼吸つかせる「小休止のポゼッション」は積極的に取り入れても良いと思う。

その意味を謙虚に解釈しプレーしてほしい。ボール保持に溺れないかが鍵だ。ザッケローニ時代から抱える「カウンターに脆弱」という弱点は隠し続けたい。方法論として「サイドバックの追い越し禁止」「ボランチの攻め上がり禁止」「ボランチはピッチ幅より外にでない」などのガイドラインを用意してもいいかもしれない。

選手の人心掌握

選手の人心掌握の面でも期待したい。だが大きくは変わらないかもしれない。

筆者は、ハリルホジッチと選手との間に深い溝があったのなら、解任ブーストでチーム状態が上向くこともありえるとみていた。今回の解任で選手の不満が解消し、いくらかの戦術タスクを変更するだけでも選手が活き活きとプレーする可能性もあった。

だが会見を聞く限り、ハリルホジッチと選手との間の溝は深刻ではなかったようだ。だとしたらかえって逆効果もあり得る。会見で語られた「2名の不満を持つ選手」が誰なのか疑心暗鬼になるかも知れない。

想像すればきりがないが、とにかく選手のモチベーションを高めることは特に求めたい。また選手選考や起用は柔軟になるかもしれない。

日本サッカーは今後どう進めばよいか

解任リスクを考慮し、常に慎重に向き合うべき

今回の解任騒動そのものを重く受け止めるべきだろう。ハリルホジッチの会見で、監督と協会のコミュニケーションが不十分だったことが露呈した。それぞれの立場でそれぞれの主張があるだろうから、どちらの責任が大きいのかはまだ断定すべきでないが、協会の責任はないとは言わせない。

そもそもハリルホジッチは特に解任歴が多い監督だったはずだ。リスクは予見できた。なおのこと協会側が丁寧にリスクヘッジすべきだった。協会としては危機的状況を伝えていたのかも知れないが、本人に伝わっていないのであれば意味が無い。日本式のオブラートに包む言い方は外国人には通じない。協会こそ海外の肌感覚を理解しなければならない。教訓としたい。

勝っても、直前の解任を正当化すべきでない

本大会で勝利する可能性も、敗北する可能性もある。後者の可能性はかなり高いが、勝負に絶対はない。ただし、いずれにしても落ち着いて評価すべきだ。

勝利したことで解任の正当性を証明することはならないし、敗北したからといって解任判断だけが間違っていたわけでも、ハリルホジッチ政権の歩みそのものを否定する必要もない。細かい検証が必要だ。

テスト色が強すぎた件の検証

親善試合でテスト色が強すぎた件も検証すべきだろう。個人的にはあまり好みではない。ワールドカップの本番は4年に一度しか無いし、極端な結果主義でなく過程でも楽しむのが一国の代表であるのだと思う。エンターテイメント性は、日本サッカー進化の重要な構成要素だ。

もちろん本大会の結果へのコミットメントもすべきだ。だがもう少し地力(ベースの力)の向上とのバランスを取ってほしかった。

いずれにしてもその指針を協会は持つべきで、新監督招聘時に入念に方向性のすり合わせをしておきたい。

ハリルホジッチの提言は受け止めよ

日本サッカー界の弱点を指摘してくれたハリルホジッチの提言については、継続的な日本サッカーの問題点でもあるので、素直に受け止めそのまま課題とすべきだ。

引き続き外国人監督を望む

それと外国人監督アレルギーみたいなのは勘弁。日本はまだまだ学ぶべき立場だ。コミュニケーションの面でデメリットはあるものの、筆者は世界のサッカーを知る外国人指導者を楽しみに待ちたい。個人的には、スペイン・イタリア・アルゼンチン人監督が好みなのでそのいずれかを期待している。

長期的視野を持ってほしい

そしてもっとも重要なことは、日本はどのようなサッカーを目指すのかの指針を明確にすべきだ。それを貫くことは容易ではないが。

まとめ

いろいろ書いたが、現時点でも西野ジャパンに対しては応援も期待もしている。当然勝ってほしい。日本人なので。もちろん素直に応援する気持ちになれない人が多いことも理解する。ファンが純真な気持ちで応援できる代表であってほしいものだ。それを奪った今回の解任劇を改めて非難したい。

とはいうものの、個人的には(あまりこういう言い方はしたくないが)結構楽しんでいる。サッカーというものはピッチ上もピッチ外も簡単には物事が進まない。本当によくあることだ。「フロントのゴタゴタもサッカーの楽しみのひとつ」とは思っているし、やいやい言いながら見守りたい。マドリディスタの自分からしたら、数年の一度の風物詩である(自虐)。

それと今後のハリルのご多幸も願っておこう。銀座では無理だったが、どこかでパレードはしてほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)